美味しいケーキは人を幸せにする

今日はお気に入りのお店「レーブドゥシェフ」で美味しいケーキを食べた。

秋なので渋皮マロンパイ。

やっぱり美味しい。

アイスが一つおまけに付くんだけど、それも栗のアイス。栗づくし。

とても可愛いケーキのお店で、店内も落ち着く可愛いさです。

落ち込んだらいつもランチに来るんだけど、今日はとてもケーキが食べたくなった。

来てよかった、とても幸せ。

帰りにコストコでチーズファクトリーのチーズケーキも買って帰った。

帰ってすぐに解凍し食べた。

やっぱり美味しい。

元気が出た、また明日から頑張ろう。

美味しいケーキは人を幸せにする。

落ち込んだら美味しいケーキ食べて前に進んで行こう。

素敵な明日が待っていると良いなぁ。

楽しみに今日はゆっくり眠ろうかなぁ。

あせらなくてもいい。見守るということ。

人は人、自分は自分と思って人と比べない生活をすることがいいのだと思います。

そうはわかっていてもついつい人と比べてしまうのは悪い癖ですね。

私の場合は小学生の子どもをついついほかの子と比べてしまいます。

面と向かって自分の子には言いませんが、他の子に比べてうちの子は、といろいろな面で比べてしまいます。

もちろんいいところもたくさんあって、それを大事にして伸ばしてあげられたらいいのですが。

まだまだ成長途中で比べなくてもいいのもわかってはいますがもう少しできるんじゃないかなぁと思ってしまいます。

教室での発表でもスラスラ言えなかったり体育で水泳をしたときにあまり泳げなかったりという姿を見て思わず友人に相談をしたこともありました。

返ってきた言葉は自分の子はこういうところがまだまだだ、と同じようなことを自分も感じているとのことでした。

自分だけがそう思っていてもほかの人から見たら立派にできているところもあるし、なによりもまだ始めたばっかりですぐにはできないのだから見守ってあげたらいい。

親がいろいろ口を出すよりも子どもの成長を黙って見守って、できた時には心から喜んで褒めてあげることが大事なのだと気づきました。

ほんとダメな母親ですよね。

人と比べないで自分の子どもをしっかりと見てあげることが大事なんですよね。

今、ハマっている大人の塗り絵。

ゲームをやらなくなってからしばらくたつが、もうあまりゲームを自分からやる事はないだろうと思います。

そんなわけで、今まで自分がやるかもしれないと思ったゲームの動画はあまり進んでみる気はしなかった。結構おもしろそうなプレイ動画や実況などがあっても、自分がプレイしていない場合は避けてきたがもはや、ほとんど新しいゲームをする気力と体力は残っていません。

もちろん年を取ったということは有りますが、それだけでなく時間をゲームにとられるのはちょっと無駄だと思ってきたからです。

さらに、オンラインゲームがあまりにも増えたことや課金の問題もあって、ゲームが身近に感じられないということでドラクエ9や10等の動画も見るようになったわけです。

疲れたときには甘いものが食べたい

仕事帰りにデパ地下をウロウロしていると美味しそうな和菓子や洋菓子にパン、お総菜などいろいろな商品が販売されています。

お腹も空いている頃なので試食には弱い。

17時以降に行くと、中身は選べないけれど、残ったケーキの中から3つほど詰め合わせたケーキやプリン、シュークリームなどが入っているものが500円台で販売されていたり、曜日によって異なる人気のお取り寄せスイーツが販売されていたりとどれも美味しそうでなかなか決められません。

そんな中から選らんだのはやはり洋菓子です。

特にトップスのケーキは人気があるようで、仕事帰りに行くと売り切れていたりするのですが、先日は運よくチョコレートケーキが残っていたのでラッキーでした。