お気に入りのカフェ

月に1回市外の某100万人都市に通院しています。病気は大したことはありません。なので午前中に病院が終わった後は、ランチをして町をプラプラしています。
そこで、いつも迷うのは一人ランチです。 若い時は一人でごはん屋さんに入るのが苦手だったので、一人でも大丈夫そうなハンバーガー屋さんやフードコートで食べるのがもっぱらでした。
でも、一人で食事をするのもだいぶ慣れてきて、おしゃれなカフェにも入れるようになりました。
 
最近はまっていたのは、栗原はるみさんプロデュースの「ゆとりの空間」というカフェです。少し高いですが、ランチのセットは野菜がたっぷりでデザートまでついてくるので本当に嬉しい。大好きなカフェです。
他に好きなカフェは「イノダコーヒ」です。コーヒーと伸ばさない点はあまり知られていないでしょうか。ナポリタンが本当においしく、良く食べます。店名にコーヒとついているだけあって、コーヒーもとても美味しいのです。雰囲気も素敵なので、時々利用します。
 
最近気になっているのは、よつ葉乳業がやっている「よつ葉ホワイトコージー」というカフェです。
ここはパフェが凄く人気です。お食事をするとスモールパフェが安く食べられるようなのですが、食べきれるか心配でいつも入るのを迷ってしまいます。一度パフェだけ食べてみるといいのかもしれません。
これからも、どんどん新しいカフェを開拓していこうと思っています。

冬は睡眠中の水分不足に注意しましょう

脱水症状と言うと猛暑や発熱でたくさん汗をかいた時になる症状と思いがちですが、実は空気が乾燥している冬の睡眠時も注意が必要です。

人はほとんど食べ物や飲み物から水分を補給しているのですが、その他に呼吸をする時に空気中の水分も体の中に入れています。

例えば梅雨時など、雨天が続いている時はなぜか排尿の回数が多いという方がいると思います。

私も同じような経験があって、冬の湿度の低い日はトイレの回数が少なくなります。

起きている時は好きな時にいつでも水やお茶を飲む事が出来ますが、寝室でも目が覚めた時にすぐに水分補給が出来るように枕元に飲み物を置いておくといいと思います。

私は以前空気が乾燥した日の夜中に急に目が覚めて、呼吸が乱れて心臓の鼓動が速くなった事がありました。

最初は過呼吸を疑いましたが、この症状になるのは真冬が多い事に気づいて脱水症状ではないかと思いました。

実際、症状が出た時にドリンクを飲むと治ったので、やはり水分不足が原因だったようです。

冬はもともと室内と室外の気温差で心臓に負担がかかりやすい環境なので、こまめな水分補給は必要だと思います。

脱水症状が重くなると呼吸の乱れの他に、頭痛やめまいも起こるので注意が必要です。

腰痛に悩む時分の変わり目がやって来た

若い頃に無理をして腰を痛めて入院して以降、シーズンの変わり目や梅雨の陽気などに何もしていなくても腰がじわじわと痛み出します。
ぬるめのお風呂でじっくり温めたり、腰痛ベルトをしたりと自分なりに戦略はしているのですが、
この季節の変わり目に起こる腰痛だけは、どうにも護衛が出来ないのです。
腰痛が出た時折駄目をせずなるべく安静にしていた方が良いと胸ではわかっているのですが、労働も家庭も待ってはくれません。
原則無理をして働くしか無いので、痛苦を抱えながらガマンをするより他にないのです。
そうして今日も、特に腰を傷つける事など何もしていないのに、腰のインサイドがじわじわするような痛苦がやってきました。
こういう痛苦が出てきたは、春もほど近いなと言う事なのでしょうね。
寒さが苦手なので、温度が次第に温かくなって木の芽も芽吹く春は好きなシーズンなのですが、その前にやって来る腰痛にはこの先も悩まされ積み重ねるのでしょうか。
数日間はなるべく耐え難い動きはせずに、家庭も労働もゆるゆる決めると思います。
こんな時に、私の代わりに働いてくれるもう独力の自分がいたらいいのにな、なんてつい夢を通してしまう。
今年も腰痛ベルトとお友達になって、シーズンの変わり目をやり過ごしていこうと思います。