子供たちの携帯電話のLINEの使用について

 高校生の娘のLINEに悩まされています。いつでもどこでも携帯電話を手放さず、LINEでしょっちゅう誰かしらとやりとりをしています。娘は目が悪く、携帯電話は画面が小さいからか、猫背になって携帯電話に顔を近づけてLINEをしているので、視力が下がることも心配です。娘は、そんなに長い時間はやってないと言い張りますが、ちょこちょこと携帯電話をいじってる時間をまとめればかなり長い時間があるかと思います。そんな時間があるのなら、勉強とまではいいませんが、本を読んだり趣味の時間にしたりすることができるのに時間がもったいないです。私たちが子どものころには携帯電話がなかったおかげで、自分のために使える時間が今の子より多かったと思います。私の場合は、暇な時間があれば編み物や手芸をしていたのでおかげで手先は器用です。娘はいまだに不器用でボタンひとつろくにつけることができません。きちんと家事をできる子にしつけたかったのですが、教えようとしても聞く耳を持ちません。

 LINEの弊害としてよく取り上げられるのが、LINEによるイジメです。誰か一人をネタにしてトークで盛り上がったり、返信が遅い子を無視したりとイジメの内容も様々です。LINEという顔が見えない間での人とのやりとりには勘違いが生じやすいので危険です。うちの娘はもう高校生だしLINEによるイジメは心配してませんが、男の子関係については心配です。今は、告白もLINEで告白する子が多いようです。昔は異性の友達に電話するだけでも家の固定電話なので緊張したものですが、今は親の目の届かないところでやりとりが繰り広げられます。厳しい親の目を気にせずに、簡単に告白して簡単に付き合える環境にあるのです。この点は、我が子を信用するしかないのですが、やはり心配です。

 携帯電話が急激に普及して、大人よりも子供の方が携帯電話の操作が上手なほどです。子供は携帯電話の操作は上手なのですが、それが上手く使いこなせるかどうかは疑問です。親が子供と一緒に携帯電話を使うときのルールを決めることはもちろん。小学校や中学校でも、もっと携帯電話やLINEについて教育してほしいです。我が家では携帯電話の使用は夜の10時までと決めていますが、周りの友達は夜中も自由に使っている子が多いそうです。「うちの家だけ厳しくて、私はいつも我慢してる。」と文句を言ってきます。学生の使用は夜の10時までという法律を作ってほしいぐらいです。

孫疲れって最近よく聞きますが、本当にあるんだなと思いました

最近、孫疲れってよく聞きますよね。

子供世代の晩婚化で60代で孫ができ、60代なので仕事も引退しているので孫の面倒を見ることを断ることもできずに、共働きの夫婦の孫の面倒を見なくてはいけなくて、体力と気力がなくなってしまうらしいですね。私は専業主婦だし、実家は遠いので普段祖父母に育児を頼ることはありません。時々頼りたいなと思うこともありますが、我が家はお盆と年末年始に顔を見せに行くくらいがちょうどいいのかなと思っています。

私の子供は今幼稚園に通っています。通園方法はお歩きです。お歩きとは家の近くまで幼稚園の先生が迎えにきてくれて、近くの子供たちを幼稚園まで連れて行ってくれることです。雨の日は危ないのでお歩きはないのですが、幼稚園まで行かなくてすむので助かっています。

お歩きで一緒だった女の子たちがいました。その子たちは3人兄弟で一番下の男子はまだベビーカーに乗っています。そこのご夫婦は共働きでおばあちゃんが子供たちの送迎をしていました。雨の日は3人連れて幼稚園まで送迎していたので大変そうでした。その子たちをお歩きで送り出したあとは男の子を児童館に連れて行ったりしているとのことでした。

そのおばあちゃんは先生に子供たちを預けて家に帰るときにいつも子供たちの相手は疲れると言っていました。私はどうしたらいいのかわからず、おばあちゃんの話を聞くことしかできませんでした。ある日その女の子たちがお歩きに来なくなりました。女の子たちはバス通園にしたようです。バス通園だと雨の日でも自宅の前までバスが来てくれるので通園はかなり楽になったと思います。バス通園になってから話していないのですが、きっと孫疲れしてしまったんだなと思います。

一方、同じお歩きのお母さんが産後2週間の赤ちゃんを連れてお歩きの集合場所に来ているのを見たとき、祖父母と一緒に住んでいても育児を頼れない人もいるのかなと複雑な気持ちになりました。

晩年うなぎ登りのテンション….どこまで….。

私の母は、スーパーポジティブです。父が亡くなって1年を過ぎた頃からでしょうか…。ガキ大将タイプの父は、「他人が1番、家族は二の次」外面が良く褒められれば何でもホイホイあげてしまい、その出費のお陰で家族が我慢。気に入らなければちゃぶ台返しは、日常茶飯事。

ある時、更年期障害という土壺にハマった母は、笑うことも、話すことも無くなりました。もちろん、家事も一切できません。今の時代で言う「鬱」です。何年経ったか少しずつ回復した時、母の乳癌が見つかりました。精神的にどうなるのかそちらの方が娘としては心配でしたので、できるだけこちらが「あっけらかん」な態度で「癌は取れば治るのよ?」を繰り返し無事に手術。

びっくりしたのは、術後の父の態度です。手術が終わってすぐの母の傍らでポロポロ涙を流している父。しばらく食事もろくに摂らない状態が続きました。退院後は、やっと夫婦らしき会話の生活になりました。それから10年、父は癌で亡くなりました。晩年が夫婦らしく生活できたお陰?「寂しい、悲しい」を繰り返す母がこの先どうなるのかと子供たちで案じていました。

1年が過ぎた頃からでしょうか、苦しかった時の生活や、父の態度を思い出し突然!?「泣いててもしょうがないよね!散々苦労をしてきたんだからこれから楽しんでやる!」それから慎ましい生活ですが、(レデースデイ)と特有の高齢者言葉を炸裂しながらカラオケに、ランチに繰り出し….近年は父の命日を忘れています。

無理せず息の長いプレーヤーに。

プロ野球選手の大谷翔平選手が、投手としてのWBC出場を辞退したというニュースを見ました。翌朝、さらに打者としても出場をしたいするかもしれないとのこと。というのも足首の調子が悪いようで手術になる可能性もあるというのです。

大谷選手は来季にメジャーリーグへの挑戦を表明しており、それに向けてアピールをしたいところだと思いますがまずは無理をせずしっかりとケガを治してほしいものです。二刀流として活躍していますが、どこか無理をしていたのではと思うとチームが大谷選手に頼りすぎたところがあるのではと思ってしまいます。いつかイチロー選手のように40歳を超えても長くプレーをして活躍し続ける選手になってもらいたいです。

腰痛が酷いです。痛いと気分も悪いです。

今日は腰が痛いです。私は3年前まで介護の仕事をしていました。仕事中は無理な体勢をとったり、重たいものを持ち上げたりしていました。それが原因で腰を痛めてしまったのですが、なかなか良くなりません。

整体はもちろんのこと、家では毎日ストレッチをしています。少しでも腰が痛いと感じると予防のためサポーターを巻いています。湿布を貼ったり、お灸をやったり、岩盤浴がいいと聞くと岩盤浴にも行きました。それなのに、最近は寒いからか腰がほぼ毎日痛いです。腰が痛いと気分も下がります。外に出るのが嫌になり、毎日家にこもっています。これではダメだと思いますが、なかなか体が動きません。痛みに負けず、なるべく体を動かして気分だけは上げていきたいです。

鍵と定期を一緒にしていたら財布を忘れた

本日、自宅に財布を忘れたまま会社に出勤してしまいました。定期と家の鍵が一緒になっているので出勤するには何も問題なく全然気がつきませんでした。

気が付いたのは昼を過ぎてからで何となくバッグを見たら入っていませんでした。後輩に「何度目ですか?」と聞かれたので今年1回目と返したら「今年始まってまだ数日しか経ってないですよ」と呆れられてしまいました。

なので、本日はコンビニにも行けず、家に帰るまで空腹を我慢しています。少し痩せるかな?と期待してみたり。

財布のある場所はおそらく昨日着ていた上着のポケットに入っています。

直ぐにある場所を思い出せたのだからまだ救いはあるかなと、勝手に思っています。

今年の目標は忘れ物をなくすです。

東村高江区、オスプレイ配置の撤回を要求したとのことについて

オスプレイが墜落事故を起こして数日しか経っていないのに、米軍は飛行再開をしたとのことで、沖縄県民は怒っているとのことです。その沖縄県東村高江区長がオスプレイの配置撤回を防衛省に求めたとのことです。この事故の詳しいことは米軍から説明されていません。またオスプレイが墜落するのではとの心配があります。

オスプレイの墜落事故は沖縄だけの問題ではなくなってきているようです。来年には東京の横田基地に配属する予定があるし、他の地方でも訓練区域になっている所があります。人口密集地帯に隣接した基地だと飛行機が墜落した場合、大事故になる恐れがあります。そのためにも原因がはっきりするまで、飛行禁止を政府は米軍に強く要求すべきだと思います。

11月20日行列のできる法律相談所の鑑賞日記

日テレのテレビを見ています。

福山雅治さんの再現VTRをものまねタレントのホリさんがやっていました。

かなり微妙でした!

あと、関ジャニ大倉さんが出ていて、東野さんにいじられてました。

また、高橋優さんという方が出演していたのですが、実は初めて知りました。ものまねレパートリーを増やしているそうです。正直あんまり似てませんでした。スタジオの皆さんも苦笑でしたね。

宮迫さんが遅刻してしまった時の話をしていました。宮迫さんが遅刻してしまった日、蛍原さんもちょうど遅刻していて、コンビで遅刻というのは本当話良くないことだけれど、なんだか仲間意識を感じてしまったようです。コンビ愛ですかね。なんだかほっこりしますね。

一方で、アンジャッシュは児嶋さんはあんな芸風なのに入りが早いのだそうです。案外といっては失礼ですが、しっかりされているんですね。