最近毛髪に腰がなくなってきています。

今どき、今季に入って特に、こちらは自分の毛髪に腰がなくなってきているのを実感しています。
昔はふさふさだったのに、年齢を重ねるとこんなになるのか、というほどコシも消え去りパサパサになってきました。出来る限りのナンバーワンは尽くしていますが、やっぱり元通りに舞い戻るのは難しそうですね。色々試してはいるんですが、やっぱり昔の様には元通りにならないです。女性は毛髪が生命とも言いますから、もうこれ以上毛髪にダメージを与えないようにしようと思います。やっぱり第一印象は毛髪が決めると思います。いくらいい人もいくら着こなしが整っていても、毛髪が不可能だったら全て台無しです。今の現状維持を通じていって、もうこれ以上毛髪に手ようにしようと思います。だいぶ涼しくなってきましたが、UVには気を付けなければなりません。そういった油断する瞬間に人をしっかり徹底したケアをすることが今後のためにもなると思います。こちらは昔からお手入れをさぼっていたので今の趨勢になってしまったのだと思います。これからはもっと自分の人体をいたわってあげようと思います。自分の時間を作って、自分がリラックスできるような背景を作りたいと思います。

パスタを啜る彼のことがどうしても許せない

大好きな彼ですが、最近どうしても気になって我慢できないことがあります。

それは、彼が食べ物をすすって食べることです。

基本的に食べ方のきれいな人だと思っていたので、ショックです。

くちゃらーじゃない事は付き合い始めた頃すぐにチェックして、大丈夫だったので安心していたのに……。

たしかに、丼ものの最後をずずっとやったり、ラーメンやうどんを音をたてて啜る人ではありましたが、丼ものの最後だけならば少しのことだし、麺類で音が気になるのは私が少数派だろうから、多分セーフの範囲だと思ってきました。

そうしたら、最近うちでパスタを作るようになって初めて、家でパスタを食べるときに“フォークを使っているにも関わらず!”音を立てて啜って食べているのに気づきました。

偶然音がたってしまったとか、そういうレベルじゃなかったです。わざとなの?って聞きたくなるくらい始終音を立てて食べていて……はっきり言って幻滅しました。

その音を聞いていると気持ち悪くて、寒気と吐き気がします。このまえは耐えられなくて別室に避難して過ごしてしまいました。

しかもそれ以来、ラーメンやご飯を啜るのも気になるようになってしまって、一緒に食事をとるのはもう無理かも知れないとまで思ってきています。

今は気持ち悪さが酷すぎて絶対にキツい言い方をしてしまうと思うし、一度指摘したらきっと止まらなくなるので私の気持ちが落ち着くのを待っていますが、あまりの気持ち悪さに嫌いになりそうです。

夏になると生まれつき氷のかき氷が食べたくなる

私は夏になると食べたくなるものに、天然氷のかき氷があります。その氷は私の住む県内の北西部の山間部で作られています。夏になると売り出され、天然氷につき人工の氷よりも高い気温でできるため柔らかく、ゆっくりとできるため透明です。
その氷に県の特産物にイチゴのシロップをかけて召し上がるのが一番良いかと思います。天然氷につき勘定が少々高いですが、暑くて喉が渇いたら食べると喉の渇きが癒されて汗も引きます。シロップも人工の物でないので、食べた事後もスッキリと行う。今年は梅雨明け前述が暑く、梅雨明け後に温度が上がらない日光が多かった結果1回しか食べていないですが、暑い日光が続けば食べたくなると思います。こういう氷は毎年だと8ひと月も下旬になるとになると在庫が無くなってしまうが、今年は暑い日光が少ない結果ストックはまだあると思います。まだ何回か食べられるのではないかと思っています。
天然氷は冬の寒さが痛いいなかのやり方です。そのため暖冬だともらえるボリュームが少なくなってしまいますので、その層の夏場食べられるかが心配になります。夏になると冬の有難さを感じるものの一つです。地球温暖化が問題になっていますが、温暖化につき天然氷が無くなってしまったらとてもさびしいです。

お気に入りのカフェ

月に1回市外の某100万人都市に通院しています。病気は大したことはありません。なので午前中に病院が終わった後は、ランチをして町をプラプラしています。
そこで、いつも迷うのは一人ランチです。 若い時は一人でごはん屋さんに入るのが苦手だったので、一人でも大丈夫そうなハンバーガー屋さんやフードコートで食べるのがもっぱらでした。
でも、一人で食事をするのもだいぶ慣れてきて、おしゃれなカフェにも入れるようになりました。
 
最近はまっていたのは、栗原はるみさんプロデュースの「ゆとりの空間」というカフェです。少し高いですが、ランチのセットは野菜がたっぷりでデザートまでついてくるので本当に嬉しい。大好きなカフェです。
他に好きなカフェは「イノダコーヒ」です。コーヒーと伸ばさない点はあまり知られていないでしょうか。ナポリタンが本当においしく、良く食べます。店名にコーヒとついているだけあって、コーヒーもとても美味しいのです。雰囲気も素敵なので、時々利用します。
 
最近気になっているのは、よつ葉乳業がやっている「よつ葉ホワイトコージー」というカフェです。
ここはパフェが凄く人気です。お食事をするとスモールパフェが安く食べられるようなのですが、食べきれるか心配でいつも入るのを迷ってしまいます。一度パフェだけ食べてみるといいのかもしれません。
これからも、どんどん新しいカフェを開拓していこうと思っています。

冬は睡眠中の水分不足に注意しましょう

脱水症状と言うと猛暑や発熱でたくさん汗をかいた時になる症状と思いがちですが、実は空気が乾燥している冬の睡眠時も注意が必要です。

人はほとんど食べ物や飲み物から水分を補給しているのですが、その他に呼吸をする時に空気中の水分も体の中に入れています。

例えば梅雨時など、雨天が続いている時はなぜか排尿の回数が多いという方がいると思います。

私も同じような経験があって、冬の湿度の低い日はトイレの回数が少なくなります。

起きている時は好きな時にいつでも水やお茶を飲む事が出来ますが、寝室でも目が覚めた時にすぐに水分補給が出来るように枕元に飲み物を置いておくといいと思います。

私は以前空気が乾燥した日の夜中に急に目が覚めて、呼吸が乱れて心臓の鼓動が速くなった事がありました。

最初は過呼吸を疑いましたが、この症状になるのは真冬が多い事に気づいて脱水症状ではないかと思いました。

実際、症状が出た時にドリンクを飲むと治ったので、やはり水分不足が原因だったようです。

冬はもともと室内と室外の気温差で心臓に負担がかかりやすい環境なので、こまめな水分補給は必要だと思います。

脱水症状が重くなると呼吸の乱れの他に、頭痛やめまいも起こるので注意が必要です。

腰痛に悩む時分の変わり目がやって来た

若い頃に無理をして腰を痛めて入院して以降、シーズンの変わり目や梅雨の陽気などに何もしていなくても腰がじわじわと痛み出します。
ぬるめのお風呂でじっくり温めたり、腰痛ベルトをしたりと自分なりに戦略はしているのですが、
この季節の変わり目に起こる腰痛だけは、どうにも護衛が出来ないのです。
腰痛が出た時折駄目をせずなるべく安静にしていた方が良いと胸ではわかっているのですが、労働も家庭も待ってはくれません。
原則無理をして働くしか無いので、痛苦を抱えながらガマンをするより他にないのです。
そうして今日も、特に腰を傷つける事など何もしていないのに、腰のインサイドがじわじわするような痛苦がやってきました。
こういう痛苦が出てきたは、春もほど近いなと言う事なのでしょうね。
寒さが苦手なので、温度が次第に温かくなって木の芽も芽吹く春は好きなシーズンなのですが、その前にやって来る腰痛にはこの先も悩まされ積み重ねるのでしょうか。
数日間はなるべく耐え難い動きはせずに、家庭も労働もゆるゆる決めると思います。
こんな時に、私の代わりに働いてくれるもう独力の自分がいたらいいのにな、なんてつい夢を通してしまう。
今年も腰痛ベルトとお友達になって、シーズンの変わり目をやり過ごしていこうと思います。

読書させること

うちの子供が今年から通っている小学校では、読書を推進しています。

本を読むことはとても良いと、読み聞かせの時間があったり、週に数回は本を図書室に行って借りて持って帰って読んでくるように決まってます。

だから、まだ一年生だというのに息子はランドセル以外にも良く重そうな本を入れた手提げを持ってトコトコ帰ってきています。

それを見るたびに、そんなに無理して本なんて読ませなくても好きな子は読むし好きじゃない子は読まないよ、と思っちゃいます。

読書すると本当に頭が良くなるのでしょうか。

でも、我が家の息子は元からとにかく本が好きで、借りてきた本を長いのにちゃんと最初から最後まで読んでます。

それも見てると結構読むスピードが速いなと思います。

字を読むことへの抵抗感がないのはやはり良いことですよね。

読書する我が子はやはり特に勉強も嫌がらないので今のところは成績も優秀な方です。

まあ、まだ公立小学校の一年生だから100点で当たり前なんですけどね。

だから息子を見てると、無理に読書させたからって成績が良くなる訳ではないけど、読書する子は成績が優秀になるのは理解出来るかな、と思えてきました。

反対に、次男は全然幼稚園児とはいえ本に興味がなくて、心配になっちゃいます。

読み聞かせしてても他のことしてるし、聞いてないし。

読書するかどうかって子供の個性なんでしょう。

結婚までいよいよカウントダウン!

仕事を始めては辞め…を繰り返し、毎月ちょっとだけお給料が入ります。
もらっていいものか負い目を感じますが、結局もらっています。

来月3連休にとうとう引っ越しをすることになりました。
2歳から住んできた大阪を離れるまで一月を切りました。
そうして、3連休明けの大安に、入籍をする予定だ。
とうとう私、名前が変わります。
本籍地から戸籍謄本も既に取寄せました。

今も相変わらず無職で、日々家電家具の研究(?)をしています。
どのメーカーがいいかとか、どこが安っぽいかとか、どういう家具があるか?などです。

料理は、料理本をよむ様にしたり、
母親が毎日定める夕食のレシピを聞いたり、メニューをメモしたりして、
それをノートにまとめている。

今後スーパーでの野菜や肉の相場を分かる為、チラシを探る様にしたりもしている。
因みに新居の周りにはスーパーが3件あり、大きな商店街もあります。
スーパーに行った時は、真に自分が買い物するとしたら…?と仮定して、回ってみますが、
途方に暮れてしまいます。主婦務まるのかな…? と不安です。

結婚式の準備も順調に進んでいます。
やっとウエディングドレスが決まり、今はカクテルドレスを選んでいる。
来週から招待状のデザインを決め始めます。
なんかいよいよやな…って感じだ。