冬は睡眠中の水分不足に注意しましょう

脱水症状と言うと猛暑や発熱でたくさん汗をかいた時になる症状と思いがちですが、実は空気が乾燥している冬の睡眠時も注意が必要です。

人はほとんど食べ物や飲み物から水分を補給しているのですが、その他に呼吸をする時に空気中の水分も体の中に入れています。

例えば梅雨時など、雨天が続いている時はなぜか排尿の回数が多いという方がいると思います。

私も同じような経験があって、冬の湿度の低い日はトイレの回数が少なくなります。

起きている時は好きな時にいつでも水やお茶を飲む事が出来ますが、寝室でも目が覚めた時にすぐに水分補給が出来るように枕元に飲み物を置いておくといいと思います。

私は以前空気が乾燥した日の夜中に急に目が覚めて、呼吸が乱れて心臓の鼓動が速くなった事がありました。

最初は過呼吸を疑いましたが、この症状になるのは真冬が多い事に気づいて脱水症状ではないかと思いました。

実際、症状が出た時にドリンクを飲むと治ったので、やはり水分不足が原因だったようです。

冬はもともと室内と室外の気温差で心臓に負担がかかりやすい環境なので、こまめな水分補給は必要だと思います。

脱水症状が重くなると呼吸の乱れの他に、頭痛やめまいも起こるので注意が必要です。