腰痛に悩む時分の変わり目がやって来た

若い頃に無理をして腰を痛めて入院して以降、シーズンの変わり目や梅雨の陽気などに何もしていなくても腰がじわじわと痛み出します。
ぬるめのお風呂でじっくり温めたり、腰痛ベルトをしたりと自分なりに戦略はしているのですが、
この季節の変わり目に起こる腰痛だけは、どうにも護衛が出来ないのです。
腰痛が出た時折駄目をせずなるべく安静にしていた方が良いと胸ではわかっているのですが、労働も家庭も待ってはくれません。
原則無理をして働くしか無いので、痛苦を抱えながらガマンをするより他にないのです。
そうして今日も、特に腰を傷つける事など何もしていないのに、腰のインサイドがじわじわするような痛苦がやってきました。
こういう痛苦が出てきたは、春もほど近いなと言う事なのでしょうね。
寒さが苦手なので、温度が次第に温かくなって木の芽も芽吹く春は好きなシーズンなのですが、その前にやって来る腰痛にはこの先も悩まされ積み重ねるのでしょうか。
数日間はなるべく耐え難い動きはせずに、家庭も労働もゆるゆる決めると思います。
こんな時に、私の代わりに働いてくれるもう独力の自分がいたらいいのにな、なんてつい夢を通してしまう。
今年も腰痛ベルトとお友達になって、シーズンの変わり目をやり過ごしていこうと思います。