アメリカ人がバイク(自動二輪)に乗るときのマナーはおっどろき~!

バイクとはアメリカでは本当は「自転車」のこと。自動二輪のことは「モーターサイクル」という。どっちでもいいけど、その自動二輪に乗るアメリカ人の姿というか、マナーには驚く。もちろん交通法規が日本とは違う。日本では車は左側通行だが、アメリカでは右を走る。

なので、アメリカの車や自動二輪は、対向車がなければ信号が赤でも右折をしてもよい。これは問題ない。だけど自動二輪に乗るのにヘルメットをかぶらないから、驚きだ。もしも事故にでもあったら一発で死亡するとおもう。ダウンタウンの普通の道路ならまだしも、ハイウエイで70マイル(110キロ)飛ばそうが、ヘルメットはかぶらない。

だから私なんか、いつもヒヤヒヤしながら彼らを見ている。ヘルメットもかぶらないなら、シャツも着ない!夏は暑いから一枚でも身につけたくない気持ちは分かるが、ジーンズにハダカでバイクにまたがって髪をなびかせ、堂々とハイウエイの真ん中をかっ飛ばす若者やロマンスグレーのおじ様方もいらっしゃる。一度スタージスという所で盛大なバイクのお祭りを見に行った。

な、な、なんと女達はヒモのように細いビキニブラのまま、豊かな胸を波打たせてバイクにまたがっていた。それを見た私は「目がテンに」なった!すごいお祭りを見たもんだ。アメリカは本当に自由の国である。