夏になると生まれつき氷のかき氷が食べたくなる

私は夏になると食べたくなるものに、天然氷のかき氷があります。その氷は私の住む県内の北西部の山間部で作られています。夏になると売り出され、天然氷につき人工の氷よりも高い気温でできるため柔らかく、ゆっくりとできるため透明です。
その氷に県の特産物にイチゴのシロップをかけて召し上がるのが一番良いかと思います。天然氷につき勘定が少々高いですが、暑くて喉が渇いたら食べると喉の渇きが癒されて汗も引きます。シロップも人工の物でないので、食べた事後もスッキリと行う。今年は梅雨明け前述が暑く、梅雨明け後に温度が上がらない日光が多かった結果1回しか食べていないですが、暑い日光が続けば食べたくなると思います。こういう氷は毎年だと8ひと月も下旬になるとになると在庫が無くなってしまうが、今年は暑い日光が少ない結果ストックはまだあると思います。まだ何回か食べられるのではないかと思っています。
天然氷は冬の寒さが痛いいなかのやり方です。そのため暖冬だともらえるボリュームが少なくなってしまいますので、その層の夏場食べられるかが心配になります。夏になると冬の有難さを感じるものの一つです。地球温暖化が問題になっていますが、温暖化につき天然氷が無くなってしまったらとてもさびしいです。