読書させること

うちの子供が今年から通っている小学校では、読書を推進しています。

本を読むことはとても良いと、読み聞かせの時間があったり、週に数回は本を図書室に行って借りて持って帰って読んでくるように決まってます。

だから、まだ一年生だというのに息子はランドセル以外にも良く重そうな本を入れた手提げを持ってトコトコ帰ってきています。

それを見るたびに、そんなに無理して本なんて読ませなくても好きな子は読むし好きじゃない子は読まないよ、と思っちゃいます。

読書すると本当に頭が良くなるのでしょうか。

でも、我が家の息子は元からとにかく本が好きで、借りてきた本を長いのにちゃんと最初から最後まで読んでます。

それも見てると結構読むスピードが速いなと思います。

字を読むことへの抵抗感がないのはやはり良いことですよね。

読書する我が子はやはり特に勉強も嫌がらないので今のところは成績も優秀な方です。

まあ、まだ公立小学校の一年生だから100点で当たり前なんですけどね。

だから息子を見てると、無理に読書させたからって成績が良くなる訳ではないけど、読書する子は成績が優秀になるのは理解出来るかな、と思えてきました。

反対に、次男は全然幼稚園児とはいえ本に興味がなくて、心配になっちゃいます。

読み聞かせしてても他のことしてるし、聞いてないし。

読書するかどうかって子供の個性なんでしょう。