テーマパークが好調

国内を代表するテーマパークである、東京ディズニーシーやUSJが好調な集客数に支えられ、ますます注目を浴びているようですが、入場料金も値上げ傾向にあるようです。やはり人にとって異次元というか、夢のある世界は魅了される何かがあるのだろと思います。

もちろん近年は外国人観光客の動員数も寄与しているでしょうし、よりグローバルなテーマパークがさらなる需要を引き起こしているものだとも考えることができます。年齢や性別問わずに誰もが楽しめる、そういうところが受けているのでしょうが、高齢化社会に向け、どちらかといえばシニア層にももっと受ける施設なりが充実していくことが期待されています。

ますますみんなが楽しめるテーマパークに期待していきたいものです。